メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗福祉村 > カンタキTOP > カンタキあおぞら > カンタキるぽ・活動情報 > 「サロンあかしや」に参加しました

カンタキるぽ

「サロンあかしや」に参加しました

2021年09月24日(金)

「サロンあかしや」に参加しました

第2層生活支援コーディネーター 柴田陽一

帯広市内にサロンがいくつも開設されて定期的に開かれています。サロンは28カ所あって、「サロンあかしや」は15番目にできたサロンです。サロンは、地域のふれあいを目的に帯広社会福祉協議会が主導してどんどんとできあがってきました。毎週のように集まっているサロンもあれば、月1回ほどの集まりも、開催の頻度は様々です。

コロナのまん延によって、休止中のサロンもありますが、「サロンあかしや」は活動を再開しました。代表の平林孝之さん、副代表の伊藤紀美雄さん達が中心になって、大勢のボランティアと共に交流します。今回初めて参加してみて、何が印象的かと言うと、まるで大きな家族のように歯に衣を着せず言いたい放題なのです。普段の思いのたけを発散する場になっていました。勿論悪口は言いません。50年来のこの地元に一緒に生活して来た仲間です。

マスクをしてお話し、食べる時だけ黙食。80歳代が中心的年齢ですが、90歳代の方も参加していました。ボランティアによる手打ちそばも振る舞われ、それはとても美味しいものでした。こういった地域の繋がりは一朝一夕にはできないもので、長年の地元の生活者として積み上がってきた重みを感じました。お互いに助け合うという感覚はまだまだ生き残っている地域でした。また参加したいと思ってしまいました。